をたくのエコ道
エコ…それはエコロジー&エコノミー。 マニアックな生活の中に、ロハスへの道があったりなかったり。
プロフィール

のわーる

Author:のわーる
オタクはエコとは無関係と誤解していませんか?プリウスでギネス級の低燃費記録を樹立する、ロハスなオタクも中にはいるものです。環境に配慮しつつわが道を突っ走る変わった奴です。


リラックマのキイロイトリが好きです。車内に特大を、玄関に大を飼っています。クマの方は割とどうでも良かったり。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

ブログ内検索

Total Hits SINCE 20051214


現在の閲覧者数:

ご一緒に参加しませんか?

チーム・マイナス6%

携帯はこちらからどうぞ♪

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
プリウスのブレーキ抜けは、回生放棄なんです。
なんか最近、トヨタのリコール問題ばかり取り上げられていますね。
プリウスも販売台数首位を継続する中で、
ブレーキ抜けの話題が大きく取り上げられています。
私からすれば、赤信号なのにギリギリまでブレーキを踏まなかったり、
バッテリー電力を消費するような加速をしていたり、
それじゃープリウスでも燃費悪いわっていう人が多いと感じます。


この問題、今になって表面化したわけではなく、
プリウスマニアの間では昔から知られていた現象です。
燃費を良くするために、できる限り回生ブレーキを優先させていますが、
タイヤが滑ったと感知すると、回生ブレーキが停止してしまうのです。
そうした制御をしている理由は、恐らくABS絡みなんでしょう。
万が一の安全を優先させるためにそういう仕様にしたのか、
あるいはせざるを得なかったのか・・・。


一般的にはブレーキ抜けと言われていますが、
マニアの間では回生放棄現象と呼ばれています。
回生放棄現象が発生した場合の、回避策も編み出されています。
一つは強くブレーキを踏んで油圧ブレーキを作動させる方法。
もう一つは一瞬だけBレンジにして、直後にDレンジに戻す方法です。
速度によってはBレンジにしたことによって、
エンジンブレーキも作動してしまいますが、
そのまま油圧ブレーキで運動エネルギーを放棄するよりは、
幾分か燃費は良くなります。


私の様に燃費優先で運転をしているような人間は、
そもそもこの現象の発生を予期しながら運転しているわけでして。
一瞬ブレーキが抜けたぐらいで事故るような、
いわゆる漫然運転はしておりません。


ガソリン車でエコとは無縁の運転をしていた人たちからすれば、
ハイブリッド車の運転のフィーリングは、かなり異質だと思われます。
省燃費テクもガソリン車とハイブリッド車では全然違いますし。
プリウスに乗れば燃費が良くなるなんて思っちゃだめです。
環境が変化したなら、自分も変化しないと。


オール電化住宅に住めば光熱費が安くなるわけではありませんよね?
電力契約を理解して、昼間に消費していた分を夜間や朝晩にシフトしないと、
昼間の電気代金がかさんで、今まで以上に光熱費がかかるなんてザラです。
説明書を読まない・・・とはよく耳にしますが、
最近、思い込みや先入観ばかり先走りしている気がします。
本質を理解してこそ、自分のためになると思いますが・・・。

テーマ:車選び - ジャンル:車・バイク

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ecokeeper.blog41.fc2.com/tb.php/321-980548a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。